モテる男性ファッション!季節感を生かした素材や色の合わせ方が重要!

スプートニクスの人気コーデをみてみる

 

 

safariなどお手本にできそうなファッション雑誌、アローズなどのすてきな国内ブランドがとても充実しているのに街を歩いていると見るに耐えない服装をしている男性は一向に減らない。服に対する関心が女性よりも低いのは致し方ないですが、それでも疑問に思う格好が目に付く。

 

日本には四季があるので素材や色など季節感を取り入れた服装をすることは避けて通れないと思う。
湿気の多い梅雨時。これから始まる猛暑。女性に限らず男性も少しでも涼しい格好をしたいはず。しかし見るからに暑そうなカラーコーディネート。よくありがちな黒系で統一した服やパンツ。これは本人はいざしらず見ているほうは暑くてたまらいない。本人的にはいけてる感覚かもしれないが女性目線からするとすごくダサい。

 

こういう人は素材感もまったく取り入れていないのでなおさらダサいのが強調されてしまう。某人気ダンスボーカルユニットの影響かもしれないがもっと色を楽しんでもいいのにと思ってしまう。それから女性が嫌うファッションの定番だと思いますが、先の尖った靴をいまだに履いている男性。もうちょっと世間の声に耳をすませたほうがよいのでは。どんなステキな格好だとしても足元が尖った感じだとすべてを台無しにしてしまうはず。

 

あとは靴が汚いのも受けが悪いと思う。最低限の手入れは必要です。靴がきれいな人は服のコーディネートも上手な傾向がありますし、実際オシャレ自体が好きだと思う。最近は素材も多様化して、夏場の服などは特に数年前のものが暑くて着られないこともあります。

 

また季節感を生かした素材や色をうまく合わせた服装は見ているほうにも涼しげに見えて気持ちいいので私はとても好感を持って見てしまいます。一時廃れたカラーパンツもこのところ流行っているものは素材感を取り入れ洗練されたものが出てきて、夏場だとそういったカラーのイージーパンツとデッキシューズなどをうまく着こなしている男性の服装が私は好きです。

 

 

2016春夏メンズ服、女子ウケ抜群のコーデをみてみる