30代メンズファッションコーディネートの極意とは?

スプートニクスの人気コーデをみてみる

 

 

30代メンズファッションコーディネートの極意とは?

 

30代メンズファッションコーディネートを考えるうえで独身・既婚者が半々な年代ですが、女性を意識する男性でも、そうでない既婚者でもやっぱり見た目でダサいというのは問題です。基本、細い人は自分はスタイルがいいと自覚もあるでしょうし、服を買うときにサイズで困ることはないでしょう。だからこそ気をつかわなさ過ぎる人、体型に甘えてどんな服でもそれなりに見えていると思い込んでいる人は危険です。細い人に似合わない服、細くても合わせ方を間違えればダサい格好はいくらでもあります。

 

30代メンズファッションコーディネートで、まず脚がとても細い人はチノパンは似合いません。これは見た目の問題です。もちろんサイズなんて絶対問題ないでしょう。でも細すぎる人が履いていても、見る側は「いいな」と絶対思わないし「どうして細いのにチノパン履いちゃうかな…」と思われてしまいます。これだけは太い人が入らない服があるように諦めましょう。自分に合う服を着てこそのオシャレです。

 

あと、近所であったり、バカンスなどではOKですが、街に出るときのハーフパンツも年齢的にきわどいです。若く見える人、おしゃれに自信があったり何かそのハーフパンツを履く理由がきちんとある場合でなければ避けたほうがいいです。正直言って街中で子連れのパパがハーフパンツだと引きます。履くならせめて脚のラインにフィットしたものにしたほうがいいです。若い子や芸能人が着ているからと言って、ハーフパンツやデニムにTシャツ、カジュアルジャケットはかっこ悪いです。そういう格好が似合う30代は、だからこそ芸能人やモデルなのであって一般人がそれをするとヤケドをします。

 

そして上に書いた格好で、カジュアルじゃなく、年齢が30代メンズファッションだからといってブレザーにするというような恐ろしい考えも居ないとは思いますが、万が一そんな人が居たらやめましょう。オシャレを楽しめていない人がモデルや芸能人のような格好をするのは危険です。では、細い30代の服装だとどんなものがいいのか。上はすこし大きいくらいの腰が隠れる程度のTシャツにジャケットやパーカースタイルに細いデニムやストレッチパンツをコーディネート。せっかくのスタイルです。スタイルの良さは出していいと思います。

 

春夏メンズ服、女子ウケ抜群のコーデをみてみる