男性に着て欲しい服≪重要なのは値段じゃないっていう事実≫

スプートニクスの人気コーデをみてみる

 

アイテムの持つ個性の足し引きが大事。

 

眠い目をこすりながら乗った地下鉄の中。
周りはスーツ姿のサラリーマンで、割と空いていた火曜の朝。
ひときわ目立つ男性が。
何、あれ。
みな、興味本位かな。
スーツが多い中だから余計めだつかもしれないけど、みんな男性をみているような気が。
頭にはGUCCIのエンブレムの入った黒のハット。
ハットにはどうみても今赤い羽根募金してきました!みたいな赤い羽根が。
それだけでも十分目立つんだけど。
上着も、白のGUCCIマーク入りのセーター。
ワンポイントならまだしも、セーター全域に黒いGUCCIマーク。
こんなのGUCCIにありました?
ジーンズは、どこのものかわからないけど、派手な刺繍が入ってるからもしかしたらドルガバかもしれない。
ベルトは、いかにも!ってな具合で輝いてるGのマーク。GUCCIです。
靴なんかはヌバックの、あれも間違いなくGUCCIかな、って具合。
持っているバッグはヴィトン。

ヴィトンのVLが所狭しと散りばめられたボストンバッグ。
セーターとGUCCIとヴィトンマークが喧嘩してますわよ。
全身オールブランドもの。しかも各々の個性が主張しすぎていて。
ブランドものがいけないってわけじゃないんだけど、全部が全部主張しすぎて、総合的にみたら変。
なんだかブランドもので身を固めたチンドン屋の風体にしか見えないの。ひとつひとつは素敵なのに、プラスしてばかりいたらセンスのかけらも感じられない。
ここはこれで!てのがあるなら、
じゃ、ここはこれやめて、ての必要じゃない?
ブランドものもたしかに素敵だけど、例えばここはGUCCIのロゴマークセーターできめるなら、ジーンズは刺繍入りをやめて無地にするとか。
個性の強いアイテムばかりで見ていて本当に、変!

 

値段が高いブランドものでなくても、トータル的にバランスが取れて、シンプルな服装をしている方が私は好きです。
このモデルさんみたいにシンプルなカットソーにジーンズとかシンプルだし大人っぽので一緒に歩きたい!

 

 

2016春夏メンズ服、女子ウケ抜群のコーデをみてみる