女の子目線メンズ服!デザインよりも上質感が大事なわけって?

女の子目線メンズ服!スプートニクスのコーデをみてみる

 

 

女の子目線メンズ服!デザインよりも上質感が大事なわけって?

 

女の子目線メンズ服で、若い社会人男性から女性にモテる服装についてアドバイスを求められます。逆の立場で若い社会人女性だったら、ゆるふわ系が鉄板というような安全牌的な回答ができるのですが、男性の場合はちょっと鉄板系の回答はありません。でも女の子目線メンズ服でトータルとして言えるのは、デザインや柄、ストリート系やデザイナーズ系などのぱっと見の要素よりも、質感、高級感などのよく見るとわかる潜在的な要素に気を使っている男性の服装のほうが断然モテるということです。例えば綺麗目ファッションでジャケットに革靴、短髪、黒縁眼鏡という服装の男性はたくさんいます。でも、同じ革靴でも合皮のようなペタッとした革か、職人がなめした上質な革か、眼鏡のふちがただのベタの黒か、べっこうかという遠目にはわからないけど、近くで見たらわかる部分に上質なものを取り入れているか、ただ手近にあるもので流行のコーディネートを作っているかの違いが、社会人のファッションでは大切になってきます。

 

女の子目線メンズ服として珍しいカラーや、変わった襟の形は確かに遠くからでも目につきますが、それに上質感が伴っていなければ見掛け倒しに見えてしまい、究極的には潜在的に性格的にも底が浅いと見られてしまいます。それよりも、遠目に見たら特に変わったことがないけれど、どことなく品が良い。近くでよく見ると、見えづらいところにきちんと気を使っているのがわかるという服装のほうが、人間的な深みをにおわせることができます。学生のころまでなら、若さにものを言わせて、珍しいもの、個性的なものを追い求めるお洒落に敏感というスタイルだけで好まれるかもしれませんが、社会人になった後はお洒落に興味があるのは大前提で女の子目線メンズ服は、そこの細かいところにどれだけ気を使えるかが問われると思います。実際私自身も、小手先のデザインや奇抜な格好の男性よりも、他の人と全体的には同じような服装なのに、どことなく上質感が漂う男性は無意識にオシャレで素敵だなと感じます。

 

2016春服メンズ、女子ウケ抜群のコーデをみてみる